遺品整理は立ち会いするのがおすすめ!当日の流れを解説

遺品整理を業者に依頼する場合、立ち会いは必須ではありません。しかし、立ち会いをすることにはメリットがあるので、できれば立ち会いをしたほうがよいでしょう。遺品整理に立ち会うメリットや当日の流れを確認しておきましょう。

遺品整理に立ち会うメリット

遺品整理を業者に依頼する場合、必ずしも立ち会いが必要なわけではありませんが、立ち会うことにはいくつかのメリットがあります。最大のメリットは遺品をひとつずつ確認しながら仕分けができることです。業者への依頼時には不用と思っていたものでも、直接目にすると気持ちが変わることはよくあります。立ち会いをしていなければそのまま捨てられてしまいますが、その場にいれば必要だと思ったものに関しては残しておくことが可能です。ほかにも思い出に触れられるメリットがあります。思い出のものに触れることで悲しい気持ちになる場合もありますが、当時のことを思い出して懐かしい気持ちになれるのも確かです。昔話に花を咲かせれば悲しさが和らぐのではないでしょうか。

立ち会いなしの遺品整理も可能

立ち会いにメリットはありますが、立ち会いなしの遺品整理も可能です。遠方に住んでいる場合やどうしても外せない仕事ができた場合には、業者だけで遺品整理をおこなうこととなります。ただし、業者側から確認のために作業前と作業後には立ち会いをしてほしいという要望がでることもあるでしょう。

立ち会いをしない場合は信頼できる業者に頼んでおかないと、作業が雑になる可能性があるので要注意です。丁寧に扱ってほしいものは事前に知らせておきましょう。また、メモ用紙や写真など第三者から見たら不要に見えるものは指示をしておかないと処分されてしまいます。一度処分されてしまうと取り戻すことはできないので、しっかりと残してほしいものを伝えておかなくてはなりません。

遺品整理当日の流れと立ち会い時間

遺品整理当日は、作業を終えた後に部屋の清掃をすることが多いため、電気と水道を使える状態にしておきましょう。作業代を現地で支払うケースが多いので、現金の準備も必要となります。作業中に立会人が荷物を運ぶことはなく、することといえば立ち会い中は遺品がいるかいらないか確認された際に答えるくらいです。立ち会い時間に決まりはなく、1日中立ち会いをする必要はありません。遺品整理の指示のために最初だけいてもよいですし、任せられると感じたならば作業前と作業後にいるだけでもよいでしょう。遺品整理に立ち会わない場合は鍵を郵送するか、キーボックスの暗証番号を伝えておくだけで済みます。遺品整理でお困りなら尼崎市の福家へお気軽にご相談ください。尼崎市の福家では家具や家電の不用品回収と遺品整理をおこなっております。